ナイトブラで胸は大きくなるのか?

ナイトブラの着用で本当に育乳できるのか?

      2017/10/13

胸の谷間が美しい女性
ナイトブラの育乳効果が注目され始めてから利用者は急増していますが、就寝時に着用することで本当にバストは大きくなるのか疑問を感じている方も少なくありません。

ここではバストアップに必要な条件と、ナイトブラがもたらす効果から、育乳できるのかどうかを調べてみました。

バストアップに必要な条件

バストアップするために必要な条件は次のようなものです。

  • 女性ホルモンの分泌がしっかりできている
  • バストへの血行がしっかり行き届いている
  • クーパー靭帯がしっかり機能している
  • バストの脂肪がしっかりホールドされている

胸が大きくなるのは女性ホルモンの分泌が大切です。ホルモン分泌はストレスや急激なダイエット、体の冷えなど、様々なことに影響を受けやすいため、育乳するためには心身共に健やかな状態を保つことが大切です。また血行が滞っていると乳房に栄養が回らないですし代謝も鈍くなりますので、体温を下げないようにすることも大切です。

次にバストの垂れや離れなど形が崩れる原因には、乳房を支えているクーパー靭帯をダメージから保護することや、バストのお肉が脇や背中に逃げないようにサポートすることが大切です。

特にクーパー靭帯は一度断裂してしまうと二度と元には戻りません。ダメージを受ける原因には激しい運動や普段自宅にいるときにノーブラで過ごすなど重力の影響によりますが、特に就寝時が一番ダメージを受けやすいので寝ている間の保護が育乳するために重要です。

その上でバストマッサージやバストアップサプリなどで胸をケアしていくことが最も育乳効果が期待できます。

ナイトブラがもたらす効果

  • バストの位置を固定できる
  • 脇や背中のお肉を寄せて逃がさない
  • 振動や重力からバストを保護してくれる
  • バスト周辺の体温をキープしてくれる

ナイトブラを着用することは、寝ている間の寝返りによる乳房の動きを制限することによってクーパー靭帯の断裂を防いだり、バストのお肉が流れてしまうことを防いだりしてくれるばかりでなく、寝ている間の体温低下も防いでくれます。

普段ノーブラで寝るのが習慣になっている方は特にですが、普通のブラジャーを着けて寝るのは窮屈でしょう。ナイトブラならしっかり胸をサポートしてくれるのに締め付け感が少ないので育乳希望の方にはおすすめです。

授乳後のバストケアとナイトブラ

出産から授乳中はバストが大きくなりますが授乳が終わった後に、胸が小さく戻ってしまったり、垂れや形崩れで悩んでいる女性は多いですね。

一度崩れてしまったバストを元に戻すことは大変ですし、かなり難しいです。ですから断乳前からバストケアをしておくことが大切なのです。

授乳中は普通のブラだと赤ちゃんにおっぱいをあげるのに邪魔になるため、着けなかったりスポーツブラのようなものを使う方がいますが、ナイトブラを使うのもバスト保護にはおすすめです。

ナイトブラには締め付けるタイプのものではなく、日中使用も快適なものもありますのでおすすめですよ。

貧乳でもナイトブラは効果があるのか?

ナイトブラの効果や機能、着用するメリットは理解したけれど、痩せ型で貧乳の場合にもバストアップ効果はあるのだろうかと思う方はいらっしゃるかもしれません。

ふんわりルームブラ導(MICHIBIKI)のように、脇肉や背中の肉を胸に集めて固定することによって、バストサイズのアップや魅力的な谷間、デコルテを作るナイトブラの場合、集める脂肪が少ない方の場合、効果を発揮しそうにないと思いますよね。

しかしナイトブラの育乳効果は、バストが小さいとか痩せていて体脂肪が少ないということとは無関係に、着用することで得られるのです。

なぜならクーパー靭帯が伸びてしまったり断裂してしまうのは、バストの大きさに関係なく、運動による振動や就寝時の寝返りなどで起きてくるからです。

またバストアップのエクササイズを行ったり、バストアップサプリメントで効果が期待される成分を補っても、乳房そのものを保護して形を整えることをしていないと、十分な育乳効果を得ることはできません。

成長期のお子様も、将来のためにナイトブラを使うようにした方が良いのも同様の意味合いです。

理屈ではわかっていても疑わしいと思うのでしたら、1,000円程度のナイトブラもありますので試してみるといいですね。

 - 未分類