エイジングケアを始めよう

目元口元シンプルにアンチエイジング

乾燥ジワやたるみは加齢だけが要因ではない

膚の小ジワや緩みに警戒しているけど、まだまだ遠い話だし、年をとってから何とかしようとシワやたるみのケアをおろそかにしている人も多くいらっしゃるのではないでしょうか。若い時から日々のエイジングケアをしっかり行っておくことで、将来的なソバカスやタルミ予防になります。

加齢以外にも、皮膚を衰えさせてしまう原因は想像以上にたくさん存在します。ストレスフルな生活や、紫外線の影響、皮膚のカサつき、不適切な肌ケアなど挙げればキリがありません。歳を取る事は止められませんが、日ごろのフェイスケアと心がけで小皺や緩みのない透明感のある膚を実現することは誰にでも可能なことです。

一度できたシワや弛みは、どのような原因で出来たものなのかをキチンと知ることで、お手入れ方法が変わります。

眼もとや、口もとに作られる小皺や、顔だちの変化によって皮膚に癖がついた表皮皺、お肌の保水機能が損なわれ重力に引かれたことでできるようになったタルミなどもあります。

細かい皺が出来る部分には、肌の保水ケアが大切です。真皮皺に関しては、できやすい所により重点的なケアをするといいでしょう。保水効果があるヒアルロン酸(hyaluronicacid)や、肌のツヤを保つコラーゲン等は、年と供に減少していきますが、外的ストレスや日差しのダメージをダイレクトに受けやすい合成物でもあります。

眼輪筋の動きが皮膚の弛みに係わるとき、顔ヨガが対処法として役に立ちます。しかし、角質層の劣化は改善が困難とされ、20歳代の内は十分にあった保水力、弾力性が衰えてしまい、その結果引力に引っ張られるかたちで下垂してしまいます。

栄養バランスの悪い食事を続けていたり、日光を外作業などで浴びることがよくある方は、皮ふの弾力性が弱まってたるみやすくなるので早めの対策が必要です。

出掛ける時には、季節を通じて日焼け対策を徹底し、必要以上にストレスをため込まない日常生活を送っていく事が皺やたるみ予防につながっていきます。

Comments are currently closed.