エイジングケアを始めよう

目元口元シンプルにアンチエイジング

乾燥皺や緩みを回避するにはていねいな洗顔が大切です

日頃の生活から、乾燥ケアをしっかりと施す事で、シワや弛みのないお膚をキープすることができます。タルミや、皴の少ない肌をめざすには、美肌に良いものを習慣的にメニューにとり入れたり、弛み予防のための造顔エクササイズを続けることが肝心です。

季節の移り変わりによってUVの強さは変わってきますが、年間を問わずに継続的にUV対策をするべきだと言われるようになりました。紫外線で皮膚を焼く事は、数年前までは焼き過ぎない程度なら推奨されてきたのですが、ここ最近では強い紫外線を浴びることは皮ふを損ね、ダメージを与えるものと言われるようになりました。

紫外線に晒された膚は組織が破壊されて、肌を傷め、ダメージが体内に長期間に渡って残ってしまうので、出来るだけ避けた方がいいと言われています。肌に近紫外線を受けてしまうと、それによって日光黒子が作られたり、乾燥で膚の水分が奪われてしまいます。

保湿ケアによって、皮膚から失われていく水分をたっぷり補ってあげることで、強烈な紫外線の肌への影響を最小限度に抑える事が可能です。メイク落としを利用して洗顔する際には、マスカラなどの濃いメイクがするりと浮いて洗い流せるように、皮ふの上にやさしくクレンジングの泡を乗せていきます。

メイクオフ後の洗顔も同様に、ホイップした洗顔剤を顏にそっと乗せ、ゴシゴシ擦ったりせず、泡を滑らせるように肌を撫でながら洗います。30~32度のお湯で肌を滌ぐことも、洗顔時には大事な点です。熱めの湯で顔を洗うと、皮膚のバリア機能を担う細胞間脂質まで洗い落としてしまいます。

ぬるま湯洗顔が終わって、皮ふがちょっと湿った状態のうちに美白化粧水を多めに使用してお肌に馴染むようにハンドプレスで浸透させた後に、UV乳液でふたをします。

紫外線の影響で乾燥気味の膚でも、入念な洗顔とスキンケアを心掛けることで、素肌に欠かせない潤いを補ってあげることが出来るのです。

Comments are currently closed.